高齢者へのインプラント治療、年齢制限はない

                             TASUKU DENTAL OFFICEのお知らせ・ブログ

高齢者でもインプラント治療はできるのか?

こんにちは。

大阪府箕面市船場の歯科・歯医者、TASUKU DENTAL OFFICE(タスクデンタルオフィス)の筒井佑(たすく)です。

今回は、「インプラントは高齢者でも出来るのか?」というテーマでお話します。

「インプラント治療をしたいけど、高齢でも出来るのかな?」とインプラント治療に疑問を持ったことがある方も多いのではないでしょうか。

「高齢になると、インプラント治療はできないだろう」と思われている方も多いですよね。

 

結論から言うと、20~25歳以上の方であれば、インプラント治療を受けることは可能です。

80歳以上の方でも、インプラント治療をご希望される場合は治療することはできます。

厚生労働省による調査では、インプラント治療を受けた方の割合は

①  65~69歳 4.6%

②  70~74歳 3.7%

③  75~79歳 3.4%

④  80~84歳 2.7%        

参考資料:平成28年 歯科疾患実態調査 厚生労働省)

という報告がされており、70歳を超えてもインプラント治療をされる方は多いです。

実際65歳を超えて、時間的にも生活に余裕が出来たときに、お口の中に問題を抱えている方も多く、美味しく食事をして余生を楽しむためにインプラント治療を受けられる人方が増えているように感じます。

高齢の方がインプラント治療を受けていただく際に、確認しておかなければいけない条件をお伝えいたします。

【高齢者の方がインプラント治療をできる条件】

条件① 重度の全身疾患がないこと

インプラント治療は外科治療を伴う処置になりますので、重度の全身疾患がある方はインプラント治療を避けた方がよい場合があります。特に糖尿病や高血圧、心臓病などの疾患の場合には、手術時の出血が多くなったり、手術後の治りが悪くインプラントと骨がしっかりと結合しない場合もあります。

また、骨粗鬆症により、骨の密度がかなり小さくなっている方も、インプラントが骨と結合しない場合があるため、注意が必要です。

 

条件② 治療に通える体力があること

インプラント治療は、外科手術も含めて治療期間と通院回数がある程度かかります。そのため、歯医者に通院していただくための体力や外科治療に耐えていただくための体力も必要です。

インプラント治療後も、クリニックで定期検診を受けていただくことをおすすめしておりますので、通院できる健康な体があった方が、クリニックでインプラントを長い期間、管理することができます。

 

筆者(院長)は過去に、83歳の方にインプラント治療をおこなったことがあります。

「死ぬまで自分の歯のように噛んでいたい。入れ歯は使いたくない」という患者様のご希望もあり、

インプラント治療を行なうことになりました。

 

お元気な方で、ご家族の支えもあり、約1年のインプラント治療を頑張っていただき、

治療後は「何でも食べることができる。頑張ってインプラント治療して良かった」というお言葉もいただき、ご希望に応えることができたと思います。

 

TASUKU DENTAL OFFICE(タスクデンタルオフィス)では、徹底して「質(Quolity)の高さ」にこだわった長持ちする安全なインプラント治療を提供しております。

当院のインプラント治療について

インプラント治療は一度治療を行うと、やり直しがとても難しい治療です。安さや簡便さだけに注目して歯医者を選ぶと、

5年後、10年後に「見た目が悪い」「噛みにくい」「調子が悪い」などの不具合が生じやすく、「インプラント治療をしない方がよかった」と後悔する方も多いのが現状です。

インプラント治療は、適切に治療を行えば、10年・20年そして、患者様の人生に大きく貢献できる、とても有効な治療法です。

「時間をかけてでも妥協のない細部にまでこだわったインプラント治療」をお望みなら、是非当院へお任せください。

 

当院のインプラントページはこちら

院長 筒井 佑

監修者情報院長 筒井 佑

日本国内でもトップレベルの歯周治療、インプラント治療、噛み合わせ治療など総合治療を専門とした貴和会歯科診療所に勤務し、佐々木猛先生をはじめとする著名な先生方のご指導のもとで、10年間研鑽を積んでまいりました。全ての分野においてより専門性の高いレベルで臨床に取り組み、1本の天然歯を残す治療から全顎的な治療に至るまで数多くの難症例にも対応いたします。

詳細はこちら

電話する

WEB診療予約

phone

トップに戻る