インプラント治療後の痛みと腫れへの対応法

                             TASUKU DENTAL OFFICEのお知らせ・ブログ

インプラント治療による痛みや腫れについて

こんにちは。

大阪府箕面市船場の歯科・歯医者、TASUKU DENTAL OFFICE(タスクデンタルオフィス)の筒井佑(たすく)です。

今回は、「インプラント治療後の痛みと腫れについて」というテーマでお話します。

「インプラント治療をしたいけど、外科治療が痛そう」

「インプラント治療後に腫れるのが心配」       など

インプラント治療を検討しているが術後の副作用で悩まれている方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、個人差はありますが、痛みはコントロールすることができますが、腫れや内出血班は生じてしまいます。

(※治療ケースによっては腫れも痛みを伴わずにインプラントをできる場合があります)

インプラントの手術中は、十分に局所麻酔をすることで、無痛状態で治療することが可能で、より患者様の負担を軽減させるためには、静脈内鎮静を併用することで、「寝ている間に手術を終える」ことができます。

静脈内鎮静を経験された方は、

「こんなに楽にインプラント治療を受けることができると思っていなかった」

と大変満足される方が多いです。静脈内鎮静法ってどんな治療?

手術後、麻酔が切れた後、個人差はありますが2~3日は鈍痛があります。ただし、我慢できない程の痛みではなく、処方する痛み止めを服用すればコントロールできるぐらいの痛みであることがほとんどです。

インプラント治療の経験者の方のお話からすると、

「親知らずを抜いた時の方が何倍も痛かった」

とおっしゃられる方もおられます。

インプラントは、炎症のない綺麗な歯ぐきに対して外科処置を行うので、痛みが出にくいことがほとんどです。もちろん、個人差もありますし、範囲が大きくなれば痛みが大きくなる場合もあります。

インプラント治療は痛みより、腫れや内出血が生じやすいです。

腫れに関しては、2~3日がピークとなり、1週間ほどで軽減します。

当日も含め、術後1週間程度は運動(ゴルフ、水泳、ジムなど)を控えていただいた方が良いです

内出血班に関しては、インプラント治療をするほとんどの方が出現しやすいです。

これは、治療の副反応として生じるもので、決して治療の失敗ではありません

まず、術部相当部付近の頬や口唇に打ち身の際に生じるような赤紫色の内出血班が生じます。

その後、重力に従って、内出血班は下方に移動し、黄色に変色していきます。

そして、約10~14日で消失していきます。

頬や口唇に内出血班が生じると、不安になられる患者様もおられますが、副反応としては正常な反応で、必ず消失しますので安心してください

ただし、内出血班が生じている期間は、見た目に問題が生じる可能性もありますので、大事なお仕事やイベント事(旅行、食事会、接待など)は予定に入れない方が無難です。

日常生活は、普段通り過ごしていただくことはできますので、見た目が気になる方はマスクで隠していただく、女性の方であればお化粧で隠していただくなどの対応をしていただくことをお勧めしております。

当院では、患者様のインプラント治療に対する不安を軽減させるために、最大限のサポート体制により安心して治療を受けていただけるようにしております。

丁寧なカウンセリングにより、患者様との信頼関係が十分に築けたうえで治療の臨んでいきますので、不安のない治療に状態で進んでいただけると思います。

また、TASUKU DENTAL OFFICE(タスクデンタルオフィス)は、徹底して「質(Quolity)の高さ」にこだわった長持ちする安全なインプラント治療を提供しております。

インプラント治療は一度治療を行うと、やり直しがとても難しい治療です。安さや簡便さだけに注目して歯医者を選ぶと、

5年後、10年後に「見た目が悪い」「噛みにくい」「調子が悪い」などの不具合が生じやすく、「インプラント治療をしない方がよかった」と後悔する方も多いのが現状です。

インプラント治療は、適切に治療を行えば、10年・20年そして、患者様の人生に大きく貢献できる、とても有効な治療法です。

「時間をかけてでも妥協のない細部にまでこだわったインプラント治療」をお望みなら、是非当院へお任せください。

当院のインプラントページはこちら

関連記事
インプラントはどのようにケアするの?
インプラントは一体どれぐらいもつのか?
歯科治療が怖い方へ|静脈内鎮静法
インプラントが長持ちするための3つの条件
関連症例
骨が薄くてインプラント治療が困難な部位に、骨造成を行った症例
奥歯1本欠損に対して、インプラントを1本使用した症例
高齢でもインプラントはできる!80歳女性にインプラント治療を行なった症例
院長 筒井 佑

監修者情報院長 筒井 佑

日本国内でもトップレベルの歯周治療、インプラント治療、噛み合わせ治療など総合治療を専門とした貴和会歯科診療所に勤務し、佐々木猛先生をはじめとする著名な先生方のご指導のもとで、10年間研鑽を積んでまいりました。全ての分野においてより専門性の高いレベルで臨床に取り組み、1本の天然歯を残す治療から全顎的な治療に至るまで数多くの難症例にも対応いたします。

詳細はこちら

電話する

WEB診療予約

phone

トップに戻る